読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わらびの日誌

please forget me not, but I'll forget you. so it goes.

これを書きおえたら小説のあとがきの校正作業をします。

今週のお題「いま学んでみたいこと」

 先立つものは資格だと強く感じたときからもう半年が経とうとしている。夜遅くにヘッドホンをつけてピアノの練習をしたり、眠たいのをがまんして小説を書いたりするくせに、マイクロソフトオフィススペシャリストの勉強時間をつくる気力はなかなか起こらなかった。何事も後まわしにしないでおもいたったらすぐに実行するというのはありがちなことばではあるけれど大切なことなのだなあとしみじみおもう。

 ワードはともかく、エクセルにはずっとひやひやしてきた。派遣登録をしたときにテストがあったのだけれど、「エクセルすごく苦手ですよね?」とコーディネーターさんに引き気味で聞かれたくらいエクセルがわからなかった。たぶん、1問目がシートの名前の変更だったのだけれど、そのときに全体のファイル名を変えて保存をかけてしまったからそのあとの解答に点数が入らなかったのだとおもう。運よく採用がきまった派遣先ではかならずエクセルをつかうので、仕事をはじめたころはエクセルをひらくたびに心臓が痛くなった。コピペするだけですよと言われたかんたんな作業がうまくできなかったこともあった。わからないなら勉強してついでに資格をとってしまおうとおもって、はてなさんからいただいたアマゾンギフトでテキストを買ってみたものの、包装をといただけでそのまま置きっぱなしになっているのだった。おもえば、大学に入学したときにも英語のクラス分けでTOEIC Bridgeのテストがあるからとおもって参考書を買ったけれど、卒業するまで一度もひらくことはなかった。高校受験も大学受験も授業以外の勉強はまったくしなかったから、参考書で勉強するということに慣れていないのかもしれない。

 まだ勉強もはじめていないのに、マイクロソフトオフィススペシャリストの試験に合格したらつぎはなんの勉強をしようかと考える。いまのところ、基本情報技術者日商簿記色彩検定に興味があるから、時間をつくる気力がわいたら挑戦したい。なんていいながら、これから小説のあとがきの校正作業にとりかかる。そういえば、大学では文章を書くことを勉強してきたけれど、あとがきの書きかたは習ったことがない。

https://instagram.com/p/2UwbJLHwCA/