読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わらびの日誌

please forget me not, but I'll forget you. so it goes.

*お知らせ*2016.5.1 第22回文学フリマ東京に出店いたします。(4/26更新)

芳原わらびです。

5月1日(日)開催の第22回文学フリマ東京に出店いたします。

~*~*~

第22回文学フリマ東京

ところ:東京流通センター 第一展示場(HP

日時:5月1日(日)11:00~17:00

ブース:ケ-33 文芸ikki配置図)(カタログ

f:id:b0mayuun:20150913015554p:plain

NUT's 01 THE END OF SUMMER

B6判・800円

*目次*

・雨上そら「Eating donut, Leaving hole.(認識不可可視幽霊談)」

・芳原わらび「先生と生徒ですが、婚姻予約しちゃってます。」

(表紙デザイン:山田ひとみ)

~*~*~

今回は新刊はないのですが、昨年9月の文学フリマ大阪で創刊した小説アンソロジー『NUT's』第1号をひきつづき・ゆるやかに販売いたします。SFファンタジーと、なんかちゃらいはなしが載っています。のこり9部です。脱字訂正しおり付きです。ひとはそれを訂正表と呼びます。

ほかにも、わたしの大学の後輩たちがつくった文芸誌『百音』も販売いたします。小説あり、エッセイあり、短歌あり、俳句あり、写真ありのボリューム満点の作品集になっておりますので、こちらもぜひ手にとっていただければとおもいます。高松さんの『てあしはふたつある』も昨年の文学フリマ大阪にひきつづき販売いたします。

(4/26追記:高松さん『てあしはふたつある』の販売が確定しました。)

当日は芳原が会場にてお待ちしております。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

P.S.『NUT's』は次回の文学フリマ大阪にむけて第2号を現在制作中です。ゆったりと、ときどき時間に追われながら書いています。