わらびの日誌

please forget me not, but I'll forget you. so it goes.

*お知らせ*2016.9.18 第4回文学フリマ大阪に出店いたします。

芳原わらびです。

9月18日(日)の文学フリマ大阪に出店いたします。

~*~*~

第4回文学フリマ大阪

ところ:堺市産業振興センター イベントホール(HP

日時:9月18日(日)11:00~17:00

ブース:E-15 NUT's編集部(配置図)(カタログ

※今回からブース名を「文芸ikki」から「NUT's編集部」に変更しました。

f:id:b0mayuun:20160916223757p:plain

NUT's 02 SLIPPING THROUGH THE FINGERS

B6判・500円

*収録作品*

・中山文花「春の青いところにふれて」

・雨上そら「Eating donut, Leaving hole.(形容不可能形態)」

・芳原わらび「ぼくもわたしもきみが好き。」

・悠音「放課後の選択」

(表紙・挿絵・栞デザイン:山田ひとみ)

~*~*~

昨年9月の第3回文学フリマ大阪で創刊した小説アンソロジー誌『NUT's』の新刊を販売します。中山さん、雨上さん、悠音さん、芳原の4人で「指のあいだをすり抜けていく」をテーマに小説を書きました。シナリオ作品のひともいます。わたしの作品はぼくもわたしもきみが好きで、甘くって、けれどもしょっぱい、甘じょっぱいはなしです。ハッピーターンとかおいしいですよね。手をつないで歩いていくふたりに幸あれっておもいます。

また、NUT's編集部では中山文花さんの『Untitled』、わたしの大学の後輩たちがつくった文芸誌『百音』、そして、大学の同級生で、関西を中心に活動しているザ・ひも理論ズ『ROPE vol.1』『ROPE vol.2』も販売いたします。vol.1の「ぶさいく」では西加奈子さんと千野帽子さん、vol.2の「2番」では藤野可織さんと千野帽子さんの対談が読めます。豪華執筆陣によるエッセイもありますので、ぜひ手にとってみてください。『NUT's 01』もひきつづき・ゆるやかに販売いたします。

当日は芳原、中山、悠音が会場にてお待ちしております。

 

なにとぞよろしくお願いいたします。

 

P.S.売り子やし、爪が綺麗なほうがええかなっておもってネイルしよっかなってシールやらなんやらいろいろ買ってきたんですけど時間がなさそうです。小説に出てくるひとってなんか、みんな爪綺麗ですよね。