読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わらびの日誌

please forget me not, but I'll forget you. so it goes.

2017.2.1 and...Thanks for your reading!!!(そのよん)

 本をつめこんだリュックサックがさいごまでしまらへんことに気づいたのは前日の夜でした。今回は京都市内を移動するだけなんやし宅配搬入なんてもったいない! なんて強がってしまって、チャックがちょっとあいたまんま電車に乗りこんだのでした。会場では布の幅が足りひんくて足もとの荷物が隠せへんくてちょっとぶさいくやったのですが、いつもの藍色の布にいつものようにじぶんたちの本を置いて売りました。実はおとなりのブースが書店さんで不安もあったんですが(だって「地下鉄に乗るっ!」のパズル売ってるんやもん!)、ぜったいうちのブースのほうが多く売ったんねんという強気な感じで挑んで、いままででいちばん本が売れた文学フリマとなりました。

 今回は冊子制作に関わってくださったみなさまと、個人でがんばって冊子をつくってきてくれた子と、搬出入を手伝ってくれた恋人と、ブースでいっしょに売り子をしてくれた子たちと、様子を見にきてくれたおともだちたちのやさしさですべてが成り立ってたなあとおもってます。感謝してもしきれへんくらいです。わたしも、がんばらなやさしいひとになられへんのやけれど、がんばってやさしいひとになるので、これからもなかよくしてくださるとめちゃくちゃうれしいです。

 第1回文学フリマ京都から1週間以上経ってしまい、遅い挨拶となってしまいましたが、う-29~30のNUT's編集部のブースにお越しくださったみなさま、本を買ってくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。どの本も、一生懸命書いて、一生懸命つくった本です。たいせつに読んでいただけたらとおもっております。そして、ひとつでもお気に入りの作品がみつかったらとってもうれしいです。つぎの出店はおそらく9月の文学フリマ大阪になります。みなさまにお会いできるのをたのしみにしています。またぽちぽち書いていきます。

 

P.S.会場で完売となりました『蝶々結び』の2刷、そろそろデータ修正して再入稿します。修正箇所の付箋がいっぱいあって、書きおろしの「O₂」には誤字もあるし、初版買ってくれはったかたにめちゃくちゃ申し訳ないなあと反省しております。申し訳ございませんでした。奥付の126ページは2刷からなくなるので、初版のしるしやとおもっていただけたらなあ、なんて、すみませんでした。あんなところにノンブル振ってあったらぶさいくやしアウトですね。

https://www.instagram.com/p/BPjHqDrBvTV/